学生ローンを利用して融資をしてもらう

学生ローンの利用を検討している方も少なくないでしょう。奨学金と同様に身内以外から融資してもらう方法です。学生ローンは主に学生に貸付を行うサービスで、20歳以上の学生であれば利用できる可能性があります。当然審査などもありますので、審査に通過する必要もあるでしょう。

学生ローンの奨学金の大きな違いは用途が幅広いという点が挙げられます。例えば奨学金では一般的に学費の補填に利用するのが一般的ですが、学生ローンにおいては業者によっては学費をカバーできることはもちろんこと、教材費や家賃などの一時的な融資に関しても対応してくれるところがあります。そのため、あらゆる支払いに対応することができます。

学生ローンのサービスを提供する業者の中には親からの承認なしに貸し出しをしてくれるところもあります。そのため、親に迷惑をかけたくないという人でも利用しやすいという特徴があります。また、審査に関しても窓口などに行かなくても申し込みができるところもあり、また、審査期間が少ないので、急に融資を利用したい時には利便性が高いという可能性があります。また、キャンペーンを利用すれば低金利で融資を行っているところもあるので、キャンペーン中の利用であれば返済負担を下げられます。

関連HP-イー・キャンパス

親から融資をしてもらう

親から融資をしてもらい学校生活を送ることもできるでしょう。例えば現在の大学生の中には家庭の年収が高いところでは全ての学費を支払っている人も少なくありません。

医学部に入りたい、有名な私立大学に合格して進学するという方の中にはその大学が実家近くにはないケースも存在しています。そのため、そのような大学に合格をした方はその大学がある地域で生活をすることになります。生活をする時は当然、アパートやマンションを借りなければならないため、そのような物件を借りて引っ越しをして毎月光熱費や家賃を支払うことになります。また、このような費用の他にも生活費も必要です。

このような光熱費や家賃、生活費に関しても親御さんの中には融資をしている人もいます。しかし、実際に家庭環境によっては全ての資金を賄うことができないと考える親御さんも少なくないでしょう。私立大学の学費は一般的に100万円以上は必要で、その費用は学部によっても異なります。例えば私立の医学部であれば当然それ以上の資金が必要になります。

大学に通う学生の中には親に迷惑をかけたくないと思う人もいますから、そのような学生の中には学生ローンを利用している方もいます。

奨学金を利用して融資してもらう

奨学金とは公的機関などが行う融資のことです。主に学費を工面するためにお金を融資するサービスで、実際に学生の中には奨学金を利用して大学や専門学校に通っている人は少なくありません。専門学校や大学では1年間で大きな費用がかかります。しかしその多くの割合を奨学金でカバーすることができます。

基本的に奨学金で融資を受ければ返済を始める時期は大学や専門学校を卒業してお仕事をし始めた時に返済すればいいため、奨学金を利用すれば学生の時は支払いをしなくても問題ないですから、学業に集中することができます。また、奨学金を利用すれば低金利で融資を受けることができます。基本的に金利が高いとその分返済にかかる負担が高くなるので、なるべく金利の高い融資は利用しないというケースも存在します。金利が安ければ負担が少ないので、当然借り入れが不安が少なくなります。一方でお仕事をし始めると返済しなければなりませんが、学生時代が長く多くの費用を奨学金で賄うと社会人になってから返済の負担が高くなる可能性もあります。

奨学金は基本的に学費を補填するための融資になります。そのため、教材費や生活費に充てることは難しくなるので、そのような目的で利用することはできない可能性もあります。

学生への融資について

従来のローンを提供する会社においては一般的に安定した収入がある人でなければお金を貸し出しするところは少なかったです。今でも正社員である人や安定した収入がある人しか貸し出しをしないところもありますが、融資をしてくれる会社の中には学生への貸し出しを行っているところもあります。学生への貸し出しに関しては年齢などの条件がありますが、その条件をクリアして審査に通過すれば利用できるところもあります。

また、学生の中には学費の捻出に困る人も少なくないです。国立や公立であれば家庭環境によっては負担なく支払うことができるご家庭もありますが、私立大学や専門学校となると親御さんが費用を捻出してあげられないというケースも存在しています。例えば私立大学では主に年間で100万円を超えるケースも珍しくありません。そのため、一般のご家庭では支払うことができないところもあるので、融資を受けて進学する学生も珍しくありません。

学生のお金が必要な時は学費だけでなく、教材費や一人暮らしをするための月々の光熱費や家賃などが挙げられます。教材費は大学側で準備するというケースは少なく、購入をして授業までに備えておくというケースが一般的になります。実家暮らしの方は光熱費や家賃を支払う人は少ないですが、上京をして実家から離れなければならない人は月々の生活のための費用が必要です。

今回はこれらのお金を融資してもらうためにはどのような方法があるのかについて紹介します。